第55回絵画名品展-色あせない色彩、美を追求する巨匠たち-

浮田克躬 4号 フィレンツェの遠望
浮田克躬 4号 フィレンツェの遠望
棟方志功 板画 大顔の柵 高塚省吾 F10 センチメンタルな午後
棟方志功 板画 大顔の柵 高塚省吾 F10 センチメンタルな午後
展覧会名 第55回絵画名品展-色あせない色彩、美を追求する巨匠たち-
会期 9月1日(土)~9月20日(木)
会場 正光画廊 前橋店
内容 東北の荒波を描く葛西四雄の「北の海」は、重厚感と波の勢い、吹き荒れる風が画面の中で力強く描かれており、そこには色彩のみずみずしさを感じます。斎藤真一の「朝陽の道」で描かれる光が宿り燃えるような赤い太陽に視線をぐっと引き込まれます。時代を経ても色あせない色彩と美を追求する巨匠たちの作品を一堂に展示しております。是非とも足をお運びください。
ページトップへもどる