荒谷直之介 アラタニナオノスケ Naonosuke Aratani

荒谷直之介

1902年-1994年
1902年 富山県に生まれる。
1914年 小学校を中退し、画家を志し上京。病気のために一時帰郷する。
1918年 再び上京し、赤城泰舒に水彩画を学ぶ。
1920年 葵橋洋画研究所に入り、黒田清輝に師事、日本水彩画展初入選を果たす。
1936年 新文展に初入選、その3年後から一水会展に出品。
1940年 春日部たすく、小堀進らと水彩連盟を結成。後に日展参与、一水会常任委員と
      なる。
1986年 富山県民会館で回顧展が開催される。
1994年 逝去。享年92歳
      昭和洋画奨励賞、みづえ賞受賞。

この作家の作品

ページトップへもどる