岸田劉生 キシダリュウセイ Ryusei Kishida

岸田劉生

1891年-1929年
東京銀座生まれの洋画家。
1908年 白馬会に入り、黒田清輝に師事
1910年 文展に2点入選
1912年 高村光太郎・萬鉄五郎らと共にニュウザン会を結成
      第1回ヒュウザン展に14点出品
1915年 現代の美術社主催第1回美術展に出品
初期の作品はセザンヌの影響が強く、ポスト印象派であったが、徐々に写実的な作風に移っていく。ヨーロッパのルネサンスやバロックの巨匠、特にデューラーの影響が顕著だとされる。

ページトップへもどる