小磯良平 コイソリョウヘイ Ryohei Koiso

小磯良平

1903年-1988年
神戸市生まれ。1927年 東京美術学校西洋画科卒
1915年 帝展初入選、15年『T嬢の像』が特選
1928年 渡仏。サロン・ドートンヌに入選
1932年 帝展で特選
1940年 朝日文化賞受賞
1942年 帝国芸術院賞受賞
1953年 東京藝術大学教授に就任
1973年 勲三等旭日日綬賞受賞
1979年 文化功労者に選ばれる
1982年 日本芸術院会員となり、翌83年に文化勲章を受賞、名誉市民となる
1988年 逝去。享年85。1992年神戸市立小磯良平美術館が開館
晴朗な女性像の画家として知られる。1992年に創設された「小磯良平大賞展」は国内最高賞金の公募展として知られている。

ページトップへもどる