池田満寿夫 イケダマスオ Masuo Ikeda

池田満寿夫

1934年-1997年
昭和9年、旧満洲奉天に生まれる。高校卒業後の1952年に上京し辛苦のすえ、版画家としてデビュー。1960年、1962年、1964年の東京国際版画ビエンナーレ展連続受賞につづき、1966年の第33回ヴェネツィア・ビエンナーレ展では版画部門の国際大賞を受賞。その後も日本を代表する版画家として、東京とニューヨークを拠点に制作をつづけるかたわら、1977年には芥川賞を受賞し、小説家としても活躍。
国際的版画家,画家,彫刻家,陶芸家,芥川賞作家,エッセイスト,映画監督など多彩な顔を持つアーティスト。

ページトップへもどる