シャガール シャガール Marc Chagall

シャガール

1887年-1985年
ヴィテブスクに生まれる。ペテルスブルク美術学校で学んだ後、1913年以降レジェ、モジリアーニ、ドローネなどの画家と知り、アポリネールと親交を結び、アンデパンダン展に出品。1914年にはベルリンで初個展。初期作品は印象派風だったが、ピカソを知り立体派に感化される。やがて明るさと思索性、神秘性をあわせたシュールレアリスム作風を確立した。色彩の魔術師といわれる豊艶な色、空中を浮遊する超現実的幻想、詩情などで独自の世界を展開。銅板、リトグラフによる多数の挿画本、版画を制作。世界の画壇の最高峰として市場人気が高い。

この作家の作品

ページトップへもどる