須田刻太 スダコクタ Kokuta Suda

須田刻太

1906年-1990年
埼玉県生まれ。県立熊谷高等学校卒。東京芸大を4度受験するもいずれも失敗。独学で絵を学ぶ。当初具象画の世界で官展の特選を重ねたが、1949年以降抽象画へと進む。力強い奔放なタッチが特徴。
1936年 文展初入選
1939年 文展特選
1955年 第3回日本抽象美術展に出品
1957年 第4回サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展に出品
1961年 現代日本絵画展・カーネギー国際現代絵画彫刻展(アメリカ)に出品
1962年 西宮市民文化賞受賞
1971年 司馬遼太郎に同行しながら「街道をゆく」の挿絵を描き始める
1983年 「街道をゆく」の挿絵で、第14回講談社出版文化賞を受賞
1990年 逝去。享年84。

ページトップへもどる