青木繁 アオキシゲル Shigeru Aoki

青木繁

1882年‐1911年
福岡県久留米市に生まれる。『海の幸』の作者として知られ、近代日本美術史の上でもっとも著名な洋画家の一人。若くして日本美術史上に残る有名作を次々と描き上げた後、放浪生活に入り、満28歳の若さで没した繁の生涯は、半ば伝説化している。短命だったこともあって残された作品の数は決して多くはなく、代表作『海の幸』を含め多かれ少なかれ未完成の作品が多い。しかし、日本の古代神話などをモチーフにした浪漫的色彩の濃い画風は西洋美術の物まねではない独自のものとして高く評価されている。

ページトップへもどる