常岡幹彦 ツネオカミキヒコ Mikihiko Tsuneoka

常岡幹彦

1930年-
兵庫県丹波市生まれ。
1953年 東京藝術大学日本画科卒業。山本丘人、山口蓮春、加藤栄三に師事。
1953年 日展入選(以後14回)
1975年 台北故宮博で古典研究
1982年 個展(東京セントラル) 以後6回
      山種美術館賞展 最高裁判所買い上げ
1998年 個展(三越本店特選画廊、他にGマキシム・Gコパンダール)
2004年 紺綬褒章受章
2006年 丹波市立植野記念美術館主催『常岡文亀幹彦親子展』開催

ページトップへもどる