中村直人 ナカムラナオンド Naondo Nakamura

中村直人

1905年-1981年
長野県生まれ。師・吉田白嶺(彫刻家)、小杉放庵(主にデッサン)。
1926年 第13回院展に彫刻で初入選
1929年 日本美術院院友となる
1930年 第1回日本美術院最高賞受賞
1935年 第17回院展日本美術院最高賞受賞(彫刻)
1936年 日本美術院彫刻部同人に推挙され、審査員となる
1938年 文展彫刻部審査員となる
1951年 渡欧して洋画家に転身
1955年 二科展内閣総理大臣賞受賞(絵画)
1965年 第50回二紀記念展招待出品、二紀会員となる
1967年 二紀展努力賞(’80年同内閣総理大臣賞)
1981年 逝去

ページトップへもどる