浜田泰介 ハマダタイスケ Taisuke Hamada

浜田泰介

1932年-
愛媛県生まれ。京都市立美術大学卒。京都市立美術大学院修了。
1958年から1961年まで4年連続朝日新人展、毎日ベストリー展に選抜。
1961年から国内だけでなく海外に進出し、個展で高く評価している。
2012年、第60回愛媛新聞賞(文化部門)を受賞。
渡米した際、米国各地で抽象画による作品を多く発表。その後、具象画で日本全国の風景を描く日本百景に挑み、『日本百景』『四国八十八ヶ所水彩画集』などを刊行。
大覚寺・醍醐寺・東寺などの襖絵を手がける。

ページトップへもどる