ミュシャ ミュシャ Alfons Maria Mucha

ミュシャ

1860年-1939年
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家・ミュシャは、19世紀末から20世紀始めの転換期を華麗に生きた芸術家である。芸術の新しい潮流、アール・ヌーヴォーの第一人者としてミュシャは多様な作品を生み出しました。装飾的なグラフィック・アートの世界で一世を風靡したミュシャは、香水やワイン、チョコレートやビスケットなどのラベルや容器のデザインからアクセサリーのデザインまで手がけ、いつしか、彼の芸術は「ミュシャ・スタイル」と呼ばれ、その作品はパリの街を彩り、今なお世界中で愛されている。

この作家の作品

ページトップへもどる