棟方志功 ムナカタシコウ Shiko Munakata

棟方志功

1903年-1975年
青森市の刃物鍛冶師の家に生まれる。
18歳の頃ゴッホに惹かれ、深い感銘を受け画家道を決意。
1924年 上京、油彩の勉強に励む。
1928年 第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に版画が入選、又第9回帝展に油絵初入選。この頃から版画へと興味を移し、本格的な木版画制作を始めた。
1932年 日本版画協会会員となる
1936年 春の国画会に「大和し美し版画柵」を出品。柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司と知り合う。濱田庄司の紹介により大原孫三郎と出会い、大原邸の襖絵などを数多く制作。
1963年 大原美術館内に棟方志功版画館が開館
1970年 文化勲章受章。
1975年 9月没。

この作家の作品

ページトップへもどる