上村松園 ウエムラショウエン Shoen Uemura

上村松園

1875年-1949年
京都に生まれる。1887年、京都府画学校入学。鈴木松年、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事。1900年、第九回日本絵画協会・日本美術院連合展で銀牌受賞。パリ万国博覧会に「母子」を出品。1916年、文展永久無鑑査となる。海外出品も多く、高い評価を受け、帝展参与・帝国芸術院会員・帝室技芸員・日展審査員などを経て、1948年、女性初の文化勲章受章。京都の風俗、歴史、謡曲の物語等に取材した気品ある格調高い女性像を描く。

この作家の作品

ページトップへもどる