森田曠平 モリタコウヘイ Kohei Morita

森田曠平

1916年-1994年
京都市生まれ。幼少から体が弱く、初め洋画を学び昭和10年第1回京都市展に入選するが、病気が再発。京都市立絵画専門学校への進学を断念する。
1940年 小林柯白に師事し、日本画を学ぶ。
1943年 第30回院展初入選。翌年より安田靫彦に師事する。
1946年 第31回院展入選(〜’48年)
1956年 多摩美術大学日本画家助教授となる
これより院展奨励賞を重ね、1964年 第49回院展にて奨励賞(白寿賞)を受賞、日本美術院特待となる。その後も院展で日本美術院賞(大観賞)などを重ね、’68年 第53回院展で日本美術院賞(大観賞)を受賞、日本美術院同人となる。
1970年 最初の個展を開催、’48年 第58回院展で文部大臣賞を受賞、’83年国立能楽堂の鏡板を完成させる。
1994年 逝去。享年78。

ページトップへもどる