上村松篁 ウエムラショウコウ Shoko Uemura

上村松篁

1902年-2001年
京都市生まれ。女流作家・上村松園の長男として、豊かな美術的環境のもとに育つ。
1921年 京都市立美術工業学校絵画科に入学。西山翠嶂に師事。
1951年 京都市立美術大学教授となる (のちに名誉教授)。
1959年 芸術選奨文部大臣賞受賞 。
1975年 松園生誕百年記念「松園・松篁・淳之三代展」開催
1983年 文化功労者となる
1984年 文化勲章を受章
2001年 逝去
透徹した自然観察を礎に描かれた繊細優美な花鳥画の世界は、多くの人々を魅了している

この作家の作品

ページトップへもどる