山本倉丘 ヤマモトソウキュウ Sokyu Yamamoto

山本倉丘

1893年-1993年
高知県生まれ。
1926年 第7回帝展に初入選
1933年 京都市立絵画専門学校卒業/第14回帝展にて特選受賞
1953年 第9回日展にて審査員を務める
1961年 紺綬褒章受章
1966年 日本芸術院賞受賞
1974年 勲四等旭日章受章
1980年 日展参事に就任
1993年 逝去
名実ともに日本画壇の重鎮と目される倉丘の画風は、戦前期において伝統的な花鳥画を厳しく追及。戦後は油絵を中心とする西洋的な方法を取り入れるようになる。華麗な世界を展開し、毅然たる品格が漂う画風は今もなお人々を魅了してやまない。

ページトップへもどる