山本彪一 ヤマモトヒョウイチ Hyoichi Yamamoto

山本彪一

1912年-1999年
栃木県生まれ。二科会会員。行動美術協会創立会員。早稲田大学商学部卒、独学で絵の勉強をする。
1942年 師・猪熊玄一郎に導かれ新制作展に出品。以降、日展、光風会にて活躍。
      光風会展にてM氏賞、O氏賞を受賞し、会員になる。
1977年 フランス・パームコマンドール勲章を受章。
作家曰く、「勲章の話はいろいろもらったけど、取りに行かなくてもくれたからもらっておいた。」とのこと。画壇での地位には全く執着せず、ニュートンの絵具と洋酒とピアノを愛した。 昭和の洋画壇の雄。「バラ」と「パリの風景」を主題に鮮やかな油彩画の輝きを独自に確立。晩年になるほどに、色彩は鮮やかさを増した。没後も人気は絶えることがない。

この作家の作品

ページトップへもどる