横手由男 ヨコテヨシオ Yoshio Yokote

横手由男

1917年-2001年
群馬県渋川市に生まれる。家が貧しかったため、渋川の尋常小学校を中退して上京。
宮大工の徒弟や印刷工などを経た彼は、昭和14〜17年のあいだ、兵役で中国東北地区を転戦。
帰還後はさまざまな職業を転々としながら、墨絵・版画・油彩・板絵などの分野で独自の画法による
「師もなく弟子もない」創作活動を続けた。
昭和47年、56歳の時より、画業だけで生きてゆくことを決意して家を出て、丹波、若狭、山陰をはじめ
全国各地を放浪。加悦町には綾部を経て昭和49から50年にかけて滞在し、多くの作品を残した。
雨情縁(うじょうゆかり)と名乗り、「雨さん」の通称で知られた放浪の画家「横手由男」。

この作家の作品

ページトップへもどる