ローランサン ローランサン Marie Laurencin

ローランサン

1883年-1956年
19世紀末パリに生まれ育ち、ピカソやアポリネールらとの伝説的な青春時代を送るうちに、「淡い色調と簡潔なフォルムによる憂いをたたえた詩的な女性像」という独自の画風を作り上げた。その後、それまで彼女の絵にぴったり寄り添っていた「憂い」を消し去り、繊細さと華やかさと官能性をあわせ持つ、夢の世界の幸せな少女像を生み出す。独特の美的世界を作り上げると共に、舞台装置や衣装のデザインなどでも成功を収めた。

この作家の作品

ページトップへもどる