和田三造 ワダサンゾウ Sanzo Wada

和田三造

1883年-1967年
兵庫県生まれ。1904年東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科選科を卒業。
1905年 白馬会展で『牧場の晩帰』が白馬会賞を受賞
1907年 第1回文部省美術展覧会(文展)に出品した『南風』が2等賞(最高賞)
1908年 第2回文展においても『?燻』で2等賞(最高賞)
1909年 文部省美術留学生として渡欧
1927年 帝国美術院(現・日本芸術院)会員となる。
1932年 東京美術学校図案科教授となる。
1945年 日本色彩研究所で理事長に就任
1951年 日本初の綜合標準色票『色の標準』を完成する。
1953年 大映映画『地獄門』で色彩デザイン、衣装デザインを担当。この作品で翌1954年の第26回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞。
晩年は油彩画の他、工芸や水墨画にも活躍し、1958年文化功労者に選ばれている。

この作家の作品

ページトップへもどる