金澤翔子 カナザワショウコ Shoko Kanazawa

金澤翔子

1985年-
東京都生まれ。師・蘭凰(母)。
1990年 5歳で書道を始める
1995年 10歳で「般若心経」を書く
2001年 矢口養護学校入学
2003年 ステップアカデミーに入学
2005年 第13回泰書展(上野の森美術館)に初出品 以降毎年出品
2006年 建長寺(鎌倉)に「慈悲」を奉納
      善立寺(足立区)・大恩寺(東京・北区)に於いて個展、席上揮毫。以後数回
2007年 東京芸術劇場にて5メートルの大壁紙に席上揮毫
      瑞輪寺(上野)にて7.5メートルの大壁紙に席上揮毫
2009年 建仁寺(京都)に「風神雷神」を奉納・個展開催。以降毎年。
2010年 郵便局発行の年賀状の文字揮毫
      「小さき花」(金澤翔子書、加島祥三著)発行
2011年 NHK・大河ドラマ「平清盛」題字揮毫
      金澤翔子美術館が福島県いわき市に開館
2005年以降、全国の画廊や寺院、イベントホールにて個展や席上揮毫を行う
メディアにも多数取り上げられる

ページトップへもどる