舟越保武 フナコシヤスタケ Yasutake Funakoshi

舟越保武

1912-2002年
岩手県生まれ。彫刻家。東京美術学校卒。在学中から国画会展で受賞。
39年卒業後、新制作派協会(現、新制作協会)彫刻部の創立に参加、会員となる。
1950年 カトリックの洗礼を受け、宗教的な作品が多くなる
1962年 『長崎二十六殉教者記念像』で高村光太郎賞受賞
1972年 『原の城』をローマ法王庁に寄贈
1973年 ローマ教皇から「大聖グレゴリオ騎士団長」の勲章を受ける
1978年 芸術選奨文部大臣賞受賞
1986年 東京芸術大学名誉教授となる
1999年 文化功労者に選ばれる
2002年 逝去
日本では数少ない大理石彫刻家でもあった。

この作家の作品

ページトップへもどる