フェルメール フェルメール Vermeer

フェルメール

1632-1675年
オランダ生まれ。レンブラントと並び、17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。
生涯のほとんどを故郷デルフトで過ごした。現存する作品点数は、33〜36点と言われている。
代表作「真珠の耳飾りの少女」、「牛乳を注ぐ女」、「恋文」など。

この作家の作品

ページトップへもどる