ラファエロ ラファエロ Raffaello

ラファエロ

1483-1520年
イタリア中部の小都市ウルビーノ生まれ。盛期ルネサンス期を代表する画家、建築家。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに、ルネサンスの三大巨匠と呼ばれる。
ミケランジェロが偉大な改革者であるのに対し、ラファエロはそれまでの芸術手法を統合、洗練して、女性的で優雅な様式を確立した。総合芸術の天才として彼の死後も賞賛され、模倣された。
代表作 「小椅子の聖母」、「ベルヴェデーレの聖母」、ヴァチカン宮「署名の間」壁画など

この作家の作品

ページトップへもどる