小絲源太郎 コイトゲンタロウ Gentaro Koito

小絲源太郎

1887〜1978年
東京上野生まれ。本名は小糸源太郎。
1905年 東京美術学校金工科に入学。白馬会菊坂研究所に学ぶ。
1910年 第4回文展で初入選
1914年 東京大正博覧会で「人ごみ」が銅牌三等賞受賞
     第8回文展で「曇り日」が褒状
1915年 第9回文展で「雨のあと」が褒状
1930年 第11回帝展で「暮春閑情」が特選受賞
1931年 第12回帝展で「獺祭図」が特選受賞。帝展無鑑査となる。
1933年 帝展審査員となる
1934年 光風会評議員となる
1947年 多摩造形芸術専門学校教授に就任
1950年 金沢美術工芸短期大学教授に就任
1954年 日本芸術院賞受賞
1959年 日本芸術院会員となる
1965年 文化勲章受章
1978年 逝去(享年90)

この作家の作品

ページトップへもどる