ブラマンク ブラマンク Maurice de Vlaminck

ブラマンク

1876〜1958年
パリに生まれる。
1893年 独学で絵を描き始める(17歳)
1900年 アンドレ・ドラン、マティスと出会う
1901年 ゴッホの回顧展に刺激を受け、フォービズム運動に参加
1905年 マティスのすすめでサロン・ドートンヌに出品
1907年 初個展開催
1908年 セザンヌの造形に影響を受け、キュビスムに向かう
1925年 ベルネイム・ジュンで全傑作展開催
1937年 パリ万博で個展開催
1947年 シャトゥー派回顧展開催
1954年 ヴェネツッア・ビエンナーレに出品
1958年 逝去
暗く強烈な色彩、激しい筆触で、フランス的表現主義というべきパセティックな風景画、肖像画を制作。

この作家の作品

ページトップへもどる