川瀬巴水 カワセハスイ Hasui Kawase

川瀬巴水

1883〜1957年
東京・新橋生まれ。師・鏑木清方。版画家。
衰退した日本の浮世絵版画を復興すべく吉田博らとともに新しい浮世絵版画である新版画を確立した人物として知られる。日本的な美しい風景を叙情豊かに表現し「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれる。
国内よりもむしろ海外での評価が高く、浮世絵師の葛飾北斎・歌川広重等と並び称される程の人気がある。

この作家の作品

ページトップへもどる