尾形光琳 オガタコウリン Korin Ogata

尾形光琳

1658年-1716年
京都生まれ。京都の呉服商の老舗、雁金屋の次男に生まれる。弟は陶芸家として名高い乾山(けんざん)がいる。山本素軒に師事したとされる。本阿弥光悦・俵屋宗達に私淑し、大和絵をさらに革新、大胆華麗な装飾画風を大成。世に「琳派」と称される絵画・工芸の一派を築いた。代表作「燕子花(かきつばた)図屏風」「紅白梅図屏風」。
東京国立博物館、メトロポリタン美術館、MOA美術館、畠山記念館等が作品所蔵。

ページトップへもどる