岡信孝 オカノブタカ Nobutaka Oka

岡信孝

1932年-
神奈川県生まれ。日本画家であった祖父・川端龍子の薫陶を受け、龍子の主催した青龍社で着実に画家の道を歩む。1961年、青龍社・社人となる。1966年龍子の没後、その遺言により無所属で活動を続け、芸術家としての精神面での充実を旨として制作にあたっている。
祖父龍子は豪放な作風の反面、繊細でのびやかな明るい花鳥画をよく描いたが、岡氏もその資質をよく受け継いでいる。
近年は日本画本来の生き方として掛け軸、彩墨画にも注力し、新しい境地を開拓。日本画壇の指導者として活躍している。善光寺大本願天井画、増上寺光摂殿襖絵及び天井画を制作。大英博物館に神楽面80点を寄贈し、特別展を開催。

この作家の作品

ページトップへもどる