奥村土牛 オクムラトギュウ Togyu Okumura

奥村土牛

1889年-1990年
東京都出身で、現代日本画壇の最高峰に位置した代表的な日本画家の一人。
1907年 東京勧業博覧会入選。
1923年 中央美術賞受賞。
1927年 再興第14回院展『胡瓜畑』が初入選する。
1929年 再興第16回院展で『蓮池』により日本美術院院友に推挙される。
1936年 第1回帝国美術展『鴨』で推奨第1位を獲得する。
1962年 文化勲章受章。
1978年 日本美術院理事長に任命。
1980年 東京都名誉都民に選ばれる。
1990年 逝去。享年101歳。

この作家の作品

ページトップへもどる