北村西望 キタムラセイボウ Seibo Kitamura

北村西望

1884-1987年
長崎県に生まれる。彫刻家。
1907年 京都市立美術工芸学校彫刻科を卒業
1908年 第2回文展初入選
1912年 東京美術学校彫刻科卒業
1915年 第9回文展で『怒濤(どとう)』二等賞、第10回文展『晩鐘』特選
1919年以来帝国美術院展覧会審査員
1921年 東京美術学校教授(~’44年)
1925年 帝国美術院会員となり、官展系彫刻に指導的な役割を果たす
1958年 文化勲章受章
その後日本彫塑会名誉会長を務める。代表作『長崎市原爆中心地建立平和祈念神像』(1955)

この作家の作品

ページトップへもどる