竹内栖鳳 タケウチセイホウ Seiho Takeuchi

竹内栖鳳

1864-1942年
京都生まれ。師・土田英林。
1881年 幸野楳嶺の画塾へ入門
1887年 京都府画学校北宗画科修了
1895年 京都市美術工芸学校の教諭となる
1900年 渡欧してターナー、コローなどから影響を受ける。棲鳳から栖鳳に改号。
1907年 文展が創設され、審査員となる。
1913年 帝室技芸員となる
1919年 帝国美術院会員となる
1920年 翌年と2回にわたる中国旅行、新たな画風の展開をみた。
1924年 代表作となる「班猫」を制作
1937年 横山大観とともに第1回文化勲章受章者となる
1942年 逝去(享年78)

この作家の作品

ページトップへもどる