立石春美 タテイシハルミ Harumi Tateishi

立石春美

1908-1994年
佐賀県生まれ。師・伊東深水。
1928年 19歳で上京、鏑木清方に見初められる
1929年 20歳の時に伊東深水を訪ね、門下生となる
1930年 帝展初入選 以後、帝展、新文展に出品を重ねる
1946年 第1回日展特選
1951年 日展で特選・朝倉賞を受賞。勲四等瑞宝章受章
1994年 逝去(享年85)

この作家の作品

ページトップへもどる