オノサトトシノブ オノサトトシノブ Toshinobu Onosato

オノサトトシノブ

1912年-1986年
長野県に生まれる。津田青楓洋画塾で洋画を学ぶ。1935年二科展初入選と同時に、前衛的傾向の若手作家と黒色展を結成。キリスト教者や幸徳秋水ら社会学者と交わる。戦前の作風は、キュビズムや構成主義の影響を受けたものだったが、1954年頃から円形が主題となり、やがて朱、黄、緑、紺の4色を基調として、画面全体を覆うモザイク風の方形群から円形が浮かびあがる幾何学的抽象様式を確立。東京、ワシントン、チュリッヒなど各地で個展を開催するとともに、1966年にヴェネチア・ビエンナーレ展に出品。油彩画の制作と並行して、油彩画と同様の丸と四角を構成した作品をシルクスクリーン、リトグラフ、木版によって制作し版画家としても著名である。

この作家の作品

ページトップへもどる