加藤東一 カトウトウイチ Toichi Kato

加藤東一

1916年-1996年
岐阜県生まれ。東京美術学校卒。師・山口蓬春。兄は日本画の加藤栄三。
1947年 第3回日展初出品初入選
1952年 第8回日展特選受賞
     (’55年同特選・白寿賞、’70年同内閣総理大臣賞、’77年同日本芸術院賞)
1984年 日本芸術院会員となる
1989年 日展理事長となる
1991年 第1回岐阜市民栄誉賞受賞
1993年 鹿苑寺(金閣寺)大書院障壁画完成
1995年 文化功労者に選ばれる
1996年 岐阜市名誉市民となる
1996年 逝去(享年80)。勳二等瑞宝章を受ける
1997年 藤沢市名誉市民となる

この作家の作品

ページトップへもどる