• 懐古と経過の狭間にて
画像クリックで拡大します

米村太一

懐古と経過の狭間にて

作品IDyonemurataichi3
絵寸652×455
額寸
号数M15
制作年2013
備考
技法パネル、綿布、白亜地、油絵具、テンペラ絵具

変化と変化の狭間の今、その瞬間を表現しています。


価格400,000 円(税抜)


この作家の他の作品

※画像クリックで、詳細情報がご覧いただけます。

ページトップへもどる