• 只々、刻の狭間にて
画像クリックで拡大します

米村太一

只々、刻の狭間にて

作品IDyonemurataichi13
絵寸530×409
額寸
号数P10
制作年2015
備考
技法パネル、綿布、白亜地、油絵具

刻々と過ぎる、時の流れをテーマにした女性像。あるものとの間で揺れている繊細な内面を描き出しています。


価格300,000 円(税抜)


この作家の他の作品

※画像クリックで、詳細情報がご覧いただけます。

ページトップへもどる