• 宝相華
画像クリックで拡大します

中村祐子

宝相華

作品IDnakamurayuko100
絵寸409×273
額寸
号数P6
制作年2017
備考オオイチモンジ
技法雲肌麻紙、岩絵具、水干絵具、墨、膠、箔、截金

古来の仏像や仏画などに図様や文様として表現されてきた伝統技法「載金」を用い制作をする中村祐子先生。宝相華は極楽に咲く空想の花。現世の蝶が憧れ惹かれる様子を優美に表現されている作品で、長年取り組んでいるテーマでもあります。


価格300,000 円(税抜)


この作家の他の作品

※画像クリックで、詳細情報がご覧いただけます。

ページトップへもどる