• 月の舟 星の林
画像クリックで拡大します

友田恵梨子

月の舟 星の林

売約済
作品IDtomodaeriko1026
絵寸409×318
額寸
号数F6
制作年2020
備考月・万葉歌
技法因州和紙(鳥取県指定無形文化財)・岩絵具

万葉集第7巻 1068 「天の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ」 訳 : 海の様な広い空に雲が波立ち、月の舟が星の林に漕ぎ入り隠れてゆくのが見えます。 約 1200 年前の日本最古の歌集。はるか昔から人は、月を見て、星を見て、想像の羽を広げていたのだと思うと、今も昔も、そして未来も、時代や価値観が変わっても月や星を見て思い馳せることは変わらないのだろうと思うと少し安心します。 友田恵梨子の用いる和紙の一種、因州和紙も同じく万葉の時代より、約1300年という長い時を経て伝わっているものです。 変わらない人の感情、感性、想い紡がれてきたものを大切にしたいと、この絵を描きながら改めて感じたそうです。


価格お問い合わせください
売約済


この作家の他の作品

※画像クリックで、詳細情報がご覧いただけます。

ページトップへもどる